本文へスキップ

消費者金融は比較で選ぶ

消費者金融でお金を借りたいけど、どこで借りたらいいか分からない。そんな方のために目的別にオススメ会社をご紹介しています。

当サイト厳選総合力で選ぶ会社トップ3はこちらから

1位
⇒ SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 【今すぐお申し込み】
キャッシングやカードローンをするならSMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスで。信頼できる大手消費者金融です。※無利息サービスをご利用の場合は、メルアドとWeb明細利用の登録が必要です。
融資利率 4.5%〜17.8%
無利息サービス!
借入限度額 500万円
審査スピード 最短30分 融資スピード 最短即日も可能
担保・保証人 不要  パート・アルバイト 融資可能
収入証明書 50万円以下なら収入証明書不要!
くわしくはこちら
2位
⇒ モビット 【今すぐお申し込み】
モビットカードに申し込んで万が一の事態に備えましょう。利用限度額まで何度でも借り入れができちゃいます。
融資利率 3.0%〜18.0% 借入限度額 800万円
審査スピード 10秒簡易審査 融資スピード 最短即日
担保・保証人 不要  パート・アルバイト 融資可能
収入証明書 50万円以下なら収入証明書不要!

※14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。審査結果によりご希望に沿えない場合あり。

くわしくはこちら
3位
⇒ 新生銀行カードローン レイク 【今すぐお申し込み】
レイクは借り入れから返済までをしっかりサポート。しかもインターネット上で契約、借り入れ、返済がすべて完結します。
融資利率 4.5%〜18.0% 借入限度額 500万円
審査スピード 申込完了画面に表示 融資スピード 最短即日 ※1
担保・保証人 不要  パート・アルバイト 融資可能 ※2
収入証明書 100万円以下なら収入証明書不要!

※1 平日14:00 までに手続き完了の場合 ※2 安定した収入のある方

くわしくはこちら

消費者金融探しは「キーワード」がポイント

「消費者金融でお金を借りたい」と考えていても、実際に利用しようと思うと、たくさんの会社の中から「どこで借りたらよいのか」「どこを選んだらよいのか」と迷ってしまいます。

自分にぴったりの消費者金融を探すには、いくつかポイントになるキーワードがあります。自分の求める消費者金融をキーワードから探ってみましょう!

どんなキャッシングを求めているか、イメージしてみましょう!

一口にキャッシングと言っても、各金融会社によって様々な特徴があります。

例えば、「急いで融資を受けたい!」「どうしても今日中に何とかしたい!」という人には、「即日で借りれる」が可能な消費者金融を選ぶべきでしょう。申し込んだ当日に、振込融資などでお金を借りられるキャッシング方法はたくさんあります。

少しでも利息を節約したい場合は、「金利の低いキャッシング」を探しましょう。少しまとまった額のキャッシングを考えている場合は、少しの利率の差でも、利息計算すると意外とまとまった額になります。
また限度額に余裕のある「300万円以上の大口融資OK」のキャッシングでは、ゆとりのある借入が可能になります。
複数の借り入れのある人がおまとめローンとして「一本化」する際にも、限度額の大きいキャッシングが役に立ちます。

全体的にみると、特に初めて借入をする場合は、システムの分かりやすい名前の通った「大手金融会社」を利用するのが安心です。

金融会社の系列で選ぶのもおすすめ♪

キャッシングを扱っている金融会社には、いわゆる貸金業法の下に営業をしている「消費者金融系」と、銀行の系列企業や銀行そのものが扱っている「銀行系」があります。

また系列に限らず、サービスの行き届いた「初めてのキャッシング」に最適な金融会社もあります。

借りる人のタイプによってお勧めのキャッシングも選べます!

キャッシングを行う人のタイプ(属性)によっても、借りやすいキャッシングは違ってきます。

借り入れをする条件には、安定した収入がある事が条件ですが、「パート&アルバイト」「学生」の場合はどうでしょうか。安定収入があれば利用可能ですが、低金利などで特におすすめのキャッシングもあります。

フリーローンは主に個人を対象にしていますが、「事業者向けの事業資金ローン」のプランを設定しているところもあります。「女性&主婦専門」なら、女性向けのサービスがある、親切な対応をしてくれる金融会社が特におすすめです。

このサイトでは、あらゆる角度からおすすめのキャッシングサービス会社を紹介しています。
ご自身にぴったりのキャッシングを見つけてください♪

最新ニュース

TOPICS

消費者金融で多重債務をおまとめ!借り換え指南

消費者金融の申込み審査の際に、どちらの人が、審査の際に有利だと思いますか?

*Aさん⇒3社から合計60万円の借り入れ中
*Bさん⇒1社から100万円の借り入れ中

Aさんの方が借り入れ金が少ないので、次に借りる際にも有利になると思うでしょうが、それは違います。借り入れの際の信用度と言う点では、Bさんの方が上になります。

Aさんの場合は、1社平均20万円の借り入れをしているが、これは20万円までしか貸し付けてもらえないのかも?利用限度額の増額を申し込んでも、増額してもらえないのかも?
Bさんの場合は、1社から、利用額を少なくとも100万円つけてもらっている。借り入れも1社だけだし、経済力や信用度が高く、計画的に利用できる顧客かもしれない。

このような理由で、信用度としてはBさんの方が上として扱われます。

借り入れが他社にわたる、いわゆる多重債務の人は、次のような理由からも債務をおまとめすることをお勧めします!

借金の借り換えのメリット!

@ 借り入れ金の利息は、借り入れ金額で上限が決まっていて、
10万円未満は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円以上は15%と改正貸金業法で決まっています。その範囲内で、金利は借り入れ額が大きくなるほど低くなっていくものです。借り入れを1社にまとめるだけで、金利が下がる可能性があります。

A借り入れ残高が把握しやすく、完済までのスケジュールを立てやすくなります。
月に何度もあった返済日が、一日にまとまるだけでぐっと管理しやすくなります。

B借り入れ件数が減ることで、信用度も上がります。

 

では、実際にどのような点に注意して借り換えを勧めればよいでしょうか?

借り換えまでの手順

@適応金利が出来るだけ低い消費者金融でおまとめできるように考えます。大手の消費者金融では、他社の借り入れをまとめる、おまとめ用のプランを設定しているところがあります。まずはフリーコールなどで相談してみましょう。

A新たに金融会社を探しにくい場合は、現在借り入れをしている消費者金融の中で一番金利が低いところに相談してみましょう。複数の借り入れがまとまるだけで、金利の設定が低くなる可能性があります。

このような方法で多重債務を借り替えし、借金の完済を目指しましょう!


バナースペース

お金の専門家
ファイナンシャルプランナーに聞こう!

小林布紀子

独立系ファイナンシャルプランナー事務所「ともあろう」代表。ライフ・コンサルタント資格、損害保険特級資格などの資格を活かし、家計改善の個別相談業務を行いながら『貯められる家計』になるお手伝いをしています。

カードローンのルールを知ってトラブル回避


瀧澤宏行

瀧澤ファイナンシャルプランナー事務所代表。1級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅建 の資格を活かし、住宅ローン・教育資金・老後資金・保険など、ご家庭のお金に関すること全般でアドバイスしています。

適正なローンの返済額について


田端政弘

司法書士事務所での不動産登記業務、不動産会社の営業経験を活かし、2012年1月にFP事務所を開業。「住宅購入専門FP」として、初めて住宅購入をサポートしています。住宅ローンの借換えセミナー、生命保険見直しセミナーなども主催しています。

老後生活が危険!カードローン融資枠は早く確保!


森泰隆

トライウッドマネー研究所代表。執筆・講師業・相談業務を中心に活動しています。「バランスのとれた攻めの資産運用と家計の防衛」をモットーにしています。年金アドバイザー・住宅ローンアドバイザーの資格も持ち、生活に密着したFPを目指しています。

教育ローンとカードローンが合体?メリットは何?


江尻正幸

FP事務所FE&S代表。住宅ローンやカードローンといった借入相談業務を担当。金融商品を一切販売しない中立公平のFPとして相談・執筆・講演を行う。また、大学生・若手社会人向け金融経済・消費者教育にも積極的に取り組む。

わたしの信用情報、どうなっている?


FPコラム一覧